根管治療|心斎橋駅3番出口直結の伊藤歯科医院|大阪市中央区の歯医者

根管治療

神経まで達した虫歯は何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。この段階まで虫歯が進行すると、ただ歯を削るだけでは治すことはできず「根管治療」を行う必要があります。

根管内部の感染した歯質や歯の神経、血管を取り除き、歯の根の内部を洗浄・消毒するのが「根管治療」です。その後、根管内に隙間なく薬剤を充填し、最後に被せ物をして治療が完了します。

根管治療を行う理由

神経まで達した重度の虫歯は、根管治療を行わなければ抜歯せざるをえなくなります。「1本くらい歯を失っても……」と思われるかもしれませんが、歯は1本でもなくなると見た目が悪くなるだけでなく、歯のない部分に両脇の歯が傾いてきて歯並びや咬み合わせが乱れてしまいます。歯並びや咬み合わせのことを考えても、抜歯ではなく根管治療を行って歯を残すほうがよいのです。

こんな症状があるなら早めにご相談を

根管治療が適用となる神経まで達した重度の虫歯には、どのような症状があるのでしょうか? 以下のような症状が当てはまる場合には、かなり虫歯が進行しています。それ以上進行すると、最悪抜歯しなければならなくなってしまいますので、お早めにご来院ください。

伊藤歯科医院の根管治療

根管は細く複雑な形状をしており肉眼で見ることができないため、根管治療は歯科医師の経験や技術に頼ることとなり、医師の技量によって治療結果は大きく変わります。もし治療がうまくいかず感染した神経や血管が根管内に残ってしまった場合、炎症を起こして再治療が必要になったり、抜歯せざるをえなくなったりすることも……。

当院では、根管治療の豊富な実績を持っており高精度の根管治療を行っています。根管治療の精度を高めるために、精密な診査・診断を可能にする「歯科用3DCT」や、患部を4~24倍で見ることができる医療用顕微鏡「マイクロスコープ」、繊細な手技を行うことができる治療器具「NiTiファイル」などを使用。安全・高精度の治療を行っていますので、重度の虫歯でお困りの方はぜひご相談ください。

当院の根管治療設備

歯科用3DCT

歯科用3DCT

最新の3次元歯科用CTを導入。従来のパノラマレントゲン写真では不可能であった断層画像、立体画像の撮影が行うことができ、根管内部の状態や血管・神経の位置・走行などが詳細に把握できるため、精密な診査・診断が可能になります。

マイクロスコープ

マイクロスコープ

人間の視野の4~24倍もの視野を確保する医療用顕微鏡。肉眼では見ることができない部分まで高画質で見ることができ、より精密な治療が行えます。

NiTiファイル

NiTiファイル

手指で行うよりもより早く、よりキレイな根管形成を行うことが可能になります。

ペントロン スーパーエンドアルファ

スーパーエンドアルファ

根管内の充填材を加熱して柔らかくし、3次元的に根管充填を可能にする特殊な機械です。

ペントロン スーパーエンドベータ

スーパーエンドベータ

根管充填材を加熱軟化し充填する手動式根管充填器です。3次元的に根管充填できるため精密な治療を可能します。

根管治療の流れ

神経の除去 根管の洗浄・消毒 根管の薬剤充填 被せ物の装着

神経の除去

虫歯菌に感染した神経や血管などをキレイに取り除きます

根管の洗浄・消毒

空洞になった根管内を洗浄・消毒し、無菌状態にします。

根管の薬剤充填

根管内に細菌が入らないよう、隙間なく薬剤を充填します。
密閉した上に歯を補強するためのコア(土台)を立てて、被せ物を装着します。

重度の虫歯でお困りの方や他院にて抜歯を勧められた方は、一度当院にご相談ください。患者様のお口の状態に合わせて、できる限り歯を抜かずに治療できる方法をご提案させていただきます。