インプラント|心斎橋駅3番出口直結の伊藤歯科医院|大阪市中央区の歯医者

インプラント

症例紹介

インプラント~歯を失った方のための治療~

インプラントとは、歯を失った部分の顎の骨にチタン製のインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上に被せ物を装着するという治療方法です。チタンは骨と強く結合する性質を持っているためインプラントと顎の骨は強く結びつき、本物の歯と同じようにしっかり咬むことができます。また、セラミック製の人工歯を装着するため、本物の歯と同じような美しい見た目を取り戻すこともできます。

歯を失った場合に行う治療として入れ歯やブリッジなどの治療方法もありますが、これらの治療方法はしっかり咬むことができなかったり、周囲の歯に負担をかけてしまったりするという問題がありました。インプラントは、それらの問題を解消することができ、機能性・審美性ともに優れていることから、多くの方に選ばれています。

インプラントのメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 見た目が自然で美しい
  • 違和感がない
  • 硬いものでもしっかり咬める
  • 周囲の歯を傷つけたり、負担をかけたりしない
  • 金属アレルギーの心配がほとんどない
  • 治療費が高い
  • 外科手術が必要になる
  • 全身疾患がある場合や顎の骨の量が少ない場合などは、治療を受けられないケースがある

インプラントのメリット・デメリットをご覧になって、「もっとよく知りたい」「他の治療方法と比較したい」という方は、お気軽に当院にご相談ください。インプラント治療についてわかりやすくご説明させていただきます。インプラント治療の豊富な症例数があり、高度な技術で治療にあたっていますので、お気軽にご相談ください。

伊藤歯科医院のインプラント治療

当院では、院長が主幹を務めるインプラントのスタディグループOSIにおいてセミナーや勉強会を積極的に行うことで、知識と技術の向上に努めています。また、日々、知識・技術の研鑽に励むとともに、高性能の医療機器を導入し、安全・確実なインプラント治療を実現しています。

当院のインプラント設備

歯科用3DCT

歯科用3DCT

最新の3次元歯科用CTを導入。従来のパノラマレントゲン写真では不可能であった断層画像、立体画像の撮影が可能で、顎の骨の状態や血管・神経の位置・走行などを詳細に把握できるため、精密な診査・診断が実現します。安全・安心なインプラント治療には、3次元歯科用CTによる撮影が欠かせません。

サージカルガイド

サージカルガイド

サージカルガイドとは、マウスピースの形をした装置のことです。インプラントを顎の骨に埋入する際にサージカルガイドを口腔内に装着することで正確な位置にインプラントを埋入することができます。

シムプラント

シムプラント

撮影したCT画像をもとに、インプラント治療の診断やインプラント手術のシミュレーションを行うためのソフトです。パソコン画面上に顎の骨の3D画像を映し出しインプラント手術のシミュレーションを行うことで、手術の安全性が向上します。

当院の特殊な治療方法

インプラントオーバーデンチャー

上顎に6本、下顎に4本のインプラントを埋め込み、総入れ歯を固定させる方法です。歯をすべて失った方や総入れ歯にご不満をお持ちの方におすすめしています。

抜歯即時インプラント

抜歯からインプラントの埋め込み、仮歯の装着までを一日で行うことができる方法です。通常のインプラント治療では、抜歯後に傷が治癒するまでしばらく期間をおく必要がありますが、抜歯即時インプラントではその必要はありません。

インプラント治療を断られた方へ

十分な顎の骨量がないと、顎の骨にインプラントを埋め込むことができず治療ができない場合があります。そのため、顎の骨がやせている、骨量が足りないといった理由で、他院でインプラント治療を断られてしまった……という方もいらっしゃるのではないでしょうか? 当院では以下のような治療によって顎の骨量を補い、インプラント治療を可能にしています。あきらめずに一度ご相談ください。

サイナスリフト

インプラントを埋め込む部分の上顎の骨の厚みが薄い場合に採用します。「上顎洞(じょうがくどう)」という上顎にある空洞を覆う歯肉をはがして底部を持ち上げ、できた空間に骨補てん剤を注入し、インプラント埋入に必要な骨の厚みを確保します。インプラント埋入前に行う場合と、インプラント埋入時に同時に行う場合があります。

ソケットリフト

インプラントを埋め込む部分の上顎に比較的厚みがある場合に採用します。インプラントを埋入する穴を利用し、「上顎洞(じょうがくどう)」という上顎にある空洞の底部を押し上げて骨補てん剤を注入し、インプラント埋入に必要な骨の厚みを確保します。サイナスリフトのように歯肉を切開する必要がなく傷口が小さく済むため、手術の痛みや腫れを軽減できます。

GBR

インプラントを埋め込む部分の顎の骨幅が足りない場合に採用します。顎の骨幅が足りない部分に「メンブレン」という特殊な膜を入れて骨よりも再生スピードが早い歯肉の侵入を阻止してスペースを確保し、人工の骨補てん剤や自家骨を詰めて骨の再生を促します。インプラント埋入前に行う場合と、インプラント埋入時に同時に行う場合があります。

PRP

患者さんから採血した血液を遠心分離により、PRP(骨の増大や歯肉の治癒を促進する物質)を抽出し、そのPRPをインプラント治療の際に利用する治療法です。PRPを用いることで骨の再生ができ、腫れや痛みが軽減できます。

症例紹介

症例1

Before After

28歳女性患者様です。
転倒し前歯の根っこを割って来院されました。 保存が不可能なためインプラントで治療させていただきました。
オールセラミッククラウンにて元々あった歯よりも美しく歯が入っていると喜んでいただきました。 インプラントの手術をしたかどうかも解らないくらいに美しく仕上げることができました。

症例2

Before After

29歳女性です。
前の歯医者さんで治療したのですが見た目も悪く歯茎の腫れが治らないので来院されました。
前歯はインプラントでなくセラミックブリッジで治療させていただきました。 歯茎の手術もさせていただき見違えるほどに美しい口元になりました。

症例3

Before After

症例4

Before After

74歳女性患者様です。
上のアゴは入れ歯をしていましたが食事がおいしく出来ず人前でも入れ歯が気になって一緒に食事が出来なかったそうです。
また、下アゴも奥歯を失っているため満足に食事が出来ないという事で来院されました。
上アゴに11本下アゴに8本のインプラントの治療をして第3の歯を作らせていただきました。
インプラントによって、失った骨と歯茎と歯を新しく再現し、何でも噛めて口元も10歳若返ったと喜んでいただきました。
何よりも、もう入れ歯を人前で気にしなくてすむ事を一番喜んでいただきました。

症例5

Before After

症例6

Before After

42歳男性です。
歯槽膿漏と歯ぎしりで前歯とお口の中全体のかみ合わせが悪くなって来院されました。
歯槽膿漏の手術を行いセラミックでかみ合わせを直した結果、見た目も全身的にも健康になられました。
男性らしい口元が再現され、患者さん曰く元の若いころの歯並びが再現されたと喜んでいらっしゃいました。

症例7

Before After

歯ぎしりによってかみ合わせの面はズルズル平らになっています。 お口の中全体も若いころの健康なかみ合わせを再現し、何でも良く噛め、食事が美味しくいただけるためすごく太られたようです。